カテゴリー: ビジネスの呟き

経営者になったとき。

本を読む

成功している経営者の本。
今はたくさんありますよね?

それのすべてを読むというのではなく、社員のための本というのを中心に読んでみてはとかんがえることがあります。

理由としては、社員が働く意欲が出た時に利益は大きく上がるからです。

経営能力をあげるというのもいいでしょう、
また、どのように経営したら利益が上がるか考えるのもいいでしょう。
でも現場で働いている人がいて儲かるのです。
経営者だけの考えだけでは社員がついてこないこともありますから。

働く人たちのことを考えて業績アップした大手企業もあります。
本来ならば、働く人たちのことを考えて経営していくべきではと感じたりするのです。

やりがいのある職場づくり

経営者が事務所にいると仕事しづらい・・・って思ったことありませんか?

普段ふざけながら仕事をしているわけではないのですが、
経営者がいることで緊張をしてしまうのです。

そのような経営者に限って、駄目だしをすることも多いのですが、
やりがいのある環境を作ることで業績だって上がると思います。

褒める。
誰にでも企画の権限を与える。
小さなことでも話を聞いてあげる。

そのような環境が整えば、経営者が事務所内にいても気にならなくなるどころか、
躍起になって仕事ができるのではと思います。
要は褒められたいという意識が高まる、モチベーションが上がるというわけなのです。

お金を残すなら

ここだけの話、お金を残すなら何といっても不動産です。
株も良いが大きく残すなら資産としての不動産を持つことです。
事業で作ったお金を土地に投資する。
お金に働かせて引退が経営者の最大の夢か…
はたまた、お金に困ったときに任意売却して現金をつくることもできる。
取りあえず、儲けたお金は土地に変えておくこと!

始めてみたらどうにかなるのでしょうか・・・

経営者って大変だと聞きますが、
素質ってあるのかもしれませんね。

素質というよりも、その資質があるかということらしいですが、
材料全てが整っている場合、
とにかく始めてみたらいいのかなとも思うこともあります。

しかし、材料全てがあるとしても、それが赤字になるような事になれば
経営は傾くに違いありません。

人材確保できたとしてもお給料を支払うことができなければ
人だって離れていきます。

それなら経営を支えてくれる人材を選んだほうが良いのかなとも
感じるのです。
影の経営者ということになるのでしょうか?

税金に関してはあらかじめ知っておこう

起業して会社設立をするなら、あらかじめ税金に関して知っておくことです。その為には、知り合いに教えてもらっても良いかと思いますが、確実なものにするためには、税理士や会計士に事前相談をされたほうが良いと思います。個人経営者の中には、その費用が惜しいために、税金面で損をする方がいます。「青色申告が良さそうだよ」といわれても、簿記もわからないのでは難しいのです。青色申告をすると控除額が大きくなり、会計士や税理士にお願いした金額も経費として落としてしまうことが出来るのです。

孤独とも言える経営者の心強い味方になってくれます!